営業ミーティングでの気づき、

皆さんおはようございます
紙製ホルダーのポケットフォルダー専門店です

当社では、毎朝朝礼があってその後に部門のミーティングが行われます
皆さんの会社ではいかがですか?
その営業ミーティングですが、内容としては1人1人の今日の訪問予定
そして当番からの一言で終了するのです

もちろんどのような所へ訪問計画を立てているのかも大事なのですが
当番が何を言うかも非常に大事なのだと私は思うのです
当番を忘れて、「明日話をします」これでは、非常に情けない
この状態でもしっかりリカバリー出来るかも大事だと思います
躓いたから、これでおしまい。実際の仕事はそうはいかないでしょ?
どのような状態でも、うまくいかないこと多々あるかと思います
それをいかに、リカバリーできるかがその人のスキルや仕事の本気度かと・・・

ちょっと脇道にそれました
今日の営業ミーティングで気づきは、今まで現場で作業していたスタッフが
営業に数か月前に配属になったのです
そのスタッフからの内容

今まで業者が紙を入れてくれてたが、どうも社内の印刷現場が仕事がやりにくいらしい
このように変えてほしい。業者にリクエストをしたそうです

皆さんの会社では、そんなの当たり前のことじゃないか!
そう思われるとと思います
しかし、当社は請負の仕事から会社を立ち上げているので、入荷した状態で最高の物を作ろうとしちゃう!
そういった風習があるようなのです

その古株が、外注先にリクエストを出した=仕事への本気度アップ

こう私は理解したのです
外注さんにももちろんの事、社内のスタッフにも最高の品質を提供するために
お互いに真剣になればリクエストは出てくるはず!
そう考えている私には、今日の営業ミーティングは「ビリビリ」興奮しました

紙製ホルダーに資料を挟み込みます そんなお内職仕事も行えます

〜営業ミーティングでの気づき、 紙製ホルダーのポケットフォルダー専門店〜